FC2ブログ


ポチッとお願いします!⇒にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ ★彡 amazon欲しいものリスト いつでも里親募集中 ペットのおうち ネコジルシ猫の里親募集のページ OMUSUBI ADOPTION PARKの里親募集のページ

FIP治療 コタ君闘病記録③

9月末から始めたコタ君の闘病も3か月目になりました。クリスマス前には里親様家に帰っている予定が伸びたのは血液検査の数値でした。

210203005.jpg

体重はFIPによる胸水と肺炎であと数日の命と言われた3か月前より1キロ増えました

210203014.jpg

猫伝染性腹膜炎(以下、FIP)は、さまざまな検査を行い、総合的に判断されます。
 ①血液検査(血球計算/生化学)
②レントゲン検査(X-ray)
③超音波検査検査(エコー検査)
④細胞診
⑤FCoV抗体価検査(猫コロナウイルス抗体価検査)
⑥猫炎症マーカー(SAA/a1AG)
⑦蛋白分画
⑧遺伝子検査(PCR検査)
⑨FIV/FeLV検査

210203047.jpg

総合的に判断ですが、とりわけ7番目の蛋白分画の数値が重要視されます。コタ君はずっと山が二つでした。治療終了には山が一つになるか数値が下がることが期待されます。

210203045.jpg

a/g比も重視されます
【a】は、【ALB/アルブミン】【g】は、【GLOB/グロブリン】
a/g比は、ALB/アルブミンをGLOB/グロブリンで割って、計算します。、
望ましいとされているa/g比は0.8以上、FIPと診断された当初のa/g比は0.4程度のケースが多い模様。

コタ君は肺炎のため酸素室から出せず、病院での血液検査をするのが1か月後になりましたので蛋白分画もa/g比も最初のころはさぞかしひどかったと推測されます。

210203040.jpg

大分下がってきましたし治療が100日を超えましたのでここで終了となりました

210203042.jpg

新年の松の内が終わったころ里親様にお迎えに来ていただきました。治療のために背中からお尻まで剃った毛も生えてきました。

210203019.jpg

ジャンともお別れです。ジャンは6キロですので大きいですね。

210203020.jpg

里親様のことがわかるのでしょう、甘えてスリスリです

210203037.jpg

このお薬(注射)は水分を必要とするようで、プロバイオティクスを溶かしたものを毎日シリンジで一日70mlあげていました。

210203008_2021020318570037d.jpg

お家に帰っても観察期間が3か月ありますので里親様には水とプロバイオティクスを飲ませていただかなければなりません。シリンジで水分補給の練習もしていただきました。

210203011.jpg

眼の力も強くなりました。再発の可能性が一番高いのが治療終了後1週間。その後3か月の観察期間に入り、治療開始から半年以上経つと「治った!」になります。

210203010.jpg

治療期間101日 お預かりした時には「明日残念なお知らせをすることになるかも」と思った厳しい状態でしたが元気になりました。この後3か月の間に血液検査をしながら様子を見ていくことになります。

210203017.jpg

コタ君闘病日記、里親様の元へ帰ってからの様子をもう一回書かせていただきます。

コタ君とても元気です!!ぽちっとお願いにゃ⇒ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ amazon欲しいものリスト

コメントの投稿

非公開コメント

サクラねこ名古屋
名古屋の飼い主不在の猫たちを応援してます。 健康管理、保護、里親探し、TNR、名古屋市動物愛護センターの譲渡ボランティア(動物取扱業登録済)などを行っています。

サクラねこ名古屋

アビ基金のご案内
 大病や手術が必要な猫に使わせていただく基金です。 保護活動を継続していくと、少し多めのお金を出せば助かる猫に出会います。 ただ、個人ボランティアには限界があり、どうしても躊躇してしまいます。 そのような猫に出会った時に使わせていたく為の基金です。 ご理解ご賛同いただける方は下記口座まで!よろしくお願いいたします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR